婚活チャンネル

伊坂幸太郎から学ぶ。「伏線」と「回収」の会話術。

どうも三度の飯より伊坂幸太郎好きの
恋愛カウンセラーの國島です。


伊坂幸太朗の小説を読んだことありますか?
まだ、読んだことが無いようなら是非一度、読んでみてください。

小説の組み立てが「女性をデートに誘う」ロジックそのものなんです。
では、伊坂幸太朗のどこが恋愛に活かせるのか?

これをマスターすれば、あなたのデート発展率は急上昇↑↑↑

男女の会話は「伏線」と「回収」がポイント♪

伊坂幸太朗の小説は全体の3分2は「伏線」
残り3分の1が「回収」です。

「伏線」とは・・・・前振り、前座、目的を果たすため仕掛けです。
「回収」とは・・・真打ち、結果、最終目的です。

例えば、初対面の女性とお話をする時に何を考えてお話してますか?

もしかして、何も考えていませんか?

街コン・婚活パーティ・お見合の初対面の時のゴールを設定して臨んでいますか?

・街コン・・・連絡先交換?デートのお誘い?
・婚活パーティ・・・カップリング?
・お見合・・・交際に発展?

第一印象(服装や髪型)、自己紹介、パーティ(お見合中)のトーク
全ては「回収」最後のゴールのために行うべきです。

それができている人はやはり、

連絡先交換ができ、初デートに繋がり、交際、成婚へと繋がります。

もう一度、お聞きします。
考えて、「服装・自己紹介・トーク」を行っていますか?

ゴールを設定して臨んでいますか?

先ずは服装に関してアドバイスです。

清潔感があるのはもちろんですが、

(例えば)
・ヤンキーはヤンキーと付き合います。
・アスリート女性はアスリート男性と付き合います
・お洒落な女性は、やはりお洒落な男性を好みます

あなたは、どんなお相手を望んでいますか?

あなたが付き合いたいと思う女性が
好む服装に心がけてみてください。

故にゴールの設定が必要です。
どのような雰囲気の異性と付き合いたいですか?
あなたがすべき服装は自ずと分かってきます。

自己紹介での「伏線」の張り方

お相手の話を聴き、
自分の話ばかりをしないのは当たり前として
考えて自己紹介してますか

(例えば)
・映画好きな人に釣りの話しをしても盛り上がりません
・アニメ好きの人に野球の話しをしても膨らみません
・旅行好きな人にゲームの話しても笑いは起こりません

そして、自己紹介の時にこそ、
伊坂幸太郎でいう「伏線」が大切になります。

ここで仕掛けをしておく事で
連絡先交換後のデートへの発展率が上昇します↑↑↑

知識の無い話しの「会話の拡げ方」

もし、自己紹介で「映画」好きとお相手が話したなら、
過去に観て良かった映画の話しや最近みた映画の話しをしてみてください。

自分が映画を全く観てなくても話しは盛り上がります。
なぜなら、相手に話しを振ればいいのですから。

相手は自分の趣味の話しは積極的にしてくれます。

(例えば)

Q:映画好きってプロフィールに書いてありましたけど、
今までみた映画で「オススメ」ってあります?

A:そうですね、「レオン」かな~。

Q:僕は観たことはないんですが、どういったところが面白いですか?

A:ジャンレノは渋いし、ナタリーポートマンも可愛いですよね。

Q:ナタリーポートマン、聞いたことあります。他に何に出てましたっけ?

↑知識ゼロでも会話は拡げられます。

今回、お伝えしたいのは会話の拡げ方ではなく、
「伏線」と「回収」でした。

つまり、ここで「仕掛けるトーク」を入れるのです。

Q:今、観たい映画とかってあるんですか?

A:そうですね、「ドクタードリトル」とかですかね

Q:いいですね~、調べてみます。

ここで「伏線を張っておきます」

そして、回収

Q:今度、映画などお誘いしたいので連絡先交換してもらってもいいですか?

A:はい

連絡先交換後(LINE にて)

Q:ドクタードリトル調べました。
 面白そうですね。今度、一緒に観に行きませんか?

A:いいですね。私も観に行く予定だったので。

分かりますか?この連絡先交換~初デートまでの自然な流れ。
全ては自己紹介の時の「伏線」「回収」結果に繋がっているのです。

最後に伊坂幸太朗を初めて読む方には
「チルドレン」をオススメしております。