婚活チャンネル

デートに繋がるLINEと繋がらないLINE

連絡先交換をしてこれから相手と仲良くなりたいと思い、やりとりを続けるものの「いつのまにかフェードアウトされた」または「いつも断られてしまう」という方もみえるのではないでしょうか。 デートに誘う相手は「気になる相手」ですので、緊張して構えてしまう方もみえると思います。しかし、堅い文面では楽しくLINEをすることができません。まして、LINEでは表情を伺うこともできないので誘い方やタイミングがとても大切です。 そこで今回は、うまくデートに誘うLINEテクニックをご紹介します。

デートに繋がるLINE

まずは、デートに誘うにはタイミングが大切です。

しかし、相手との知り合い方によっても誘うタイミングが違いますので、使い分けて誘ってください。

・お見合いパーティーや飲み会で連絡先を交換した場合

できるだけ早くデートに誘う

お話ししていて、人となりを分かっているので、簡単なやりとりをしてから早い段階でお誘いするのがBESTです。

逆に、誘うことを躊躇し、出会ってから時間が経ってしまうと印象が薄くなり、気持ちも下がってしまい、フェイドアウトされる可能性が高くなります。

気になる相手がLINE交換に応じてくれたのなら、積極的に誘い、好意があることを示した方が、相手もあなたと真剣に向き合って応えてくれます。

・婚活サイトやマッチングアプリで連絡先を交換した場合

お互いのことを話し、警戒心を解いてから誘う

とにかく早く会おうとする人は「余裕のない人」というレッテルを貼られてしまいます。

特に女性は、サイトやアプリでいいと思った方でも、すぐに会おうとする方には警戒心を抱きやすく、怖くなり、すぐにブロックする方もみえます。

マッチングはあくまでも、あなたの写真とプロフィールを読んで「話してみたい」という心の入口が開いただけですので、やりとりを行う中で相手の警戒心を取り除き、「会ってみたい」と気持ちが高まってからデートに誘ってください。

婚活サイトやマッチングアプリではアプリ内で気軽に交換できるシステムがありますので、あなた以外にもたくさんの方と連絡を取っているかも知れません。その中で会えるのは一部の方だけです。「会いたい」と思ってもらえるよう警戒心を解けるようやりとりをすることが先決です。

 

その他、断られないデートの誘い方としては

デートの時間帯と内容を明確に誘う

女性はまだ親密ではない男性からのお誘いであれば、夜(ディナー)より昼(ランチ)の方が安心して来てくれるので昼間のデートを提案してください。そして、相手が興味を持ちそうなお店に誘ってあげれば、デートを楽しみに来てくれます。

また、お昼のデートに誘うメリットとしてはお互いに緊張していると思いますので2、3時間程度の時間の方が、気疲れも少なくなります。そして、「もう少し話したかった」と思ってもらえれば、次のデートの約束がしやすくなるのです。

会話の流れで自然に誘う

「好きな食べ物は?」→「オムライスが好きです」→「美味しいオムライス屋さん知ってるよ!今度一緒に行ってみない?」といった具合に会話の中で自然に誘うことで、応じてもらいやすくなります。相手の好みも聞けているので、失敗することも少ないのでオススメです!

誘う側は、相手からのリクエストに応えられるよう、ジャンル毎に美味しいお店をリサーチしておくのがBESTです。初めて行くお店は雰囲気が分からず「騒がしくてゆっくり話もできなかった」「店員さんの態度が悪くて居心地が悪かった」といった失敗も防ぐことができますので、自信を持ってデートに挑むことができます。

デートに繋がらないLINE

続いて、絶対に避けたい内容をお伝えします。

× 返信が早すぎる

好きな人からのLINEは嬉しいですが、まだそこまで仲良くない人から即レスが返ってきたら、「今返信するとまたすぐに返ってくるから時間があるときに返信すればいいか」と後回しになり、最悪、返すのも忘れられてしまうケースがあります。気になる相手とはたくさん話したいことがあると思いますが、まずはやりとりをする上でお互いのライフサイクルを理解し、LINEしやすい時間にテンポ良くやりとりする方がいい印象を与えることができます。必要以上にLINEで追撃して「空気の読めない人」になるのは避けましょう。

× なれなれしい、質問が多い

LINEでお互いに敬語で話していては距離が縮まらないと感じ、急にため口にするなど距離を詰める事も危険です!軽くみられていると不快に感じる方もみえるので自分から「敬語でなくて大丈夫です」と伝えてあげると相手からも敬語でなくてよいと提案してもらえ、自然と距離が縮められます。ちなみに、敬語をやめる提案をするタイミングはお互いに信頼関係を築いてからがベストです。

また、街コン等で行われるカップリングでは、カップリング時の男女では気持ちの差があります。女性は「もう少し彼のことを知りたい、興味がある」という気持ちで男性の番号を書いたのに、男性は自分を選んでくれた喜びで女性に対し、彼女気分でなれなれしくLINEすると、「既読スルー」や「ブロック」されておしまい。ということになりかねません。

他にも、気になるお相手には「好きなタイプ」「休みの日の過ごし方」などなど、聞きたいことはたくさんありますよね。しかし、質問が多すぎると相手は「尋問を受けている」と感じ、あなたに対して距離を置こうと考えます。

× 優柔不断で決断力がない

自分に自信がなく「自己肯定感が低い」方はLINEにも表れ、それは受け取る側にも伝わります。「婚活を頑張っているけどうまくいかない」という人ほど、上手に自己表現ができていないのです。

デートに誘う場合に卑屈な誘い方ではLINEをもらった相手はひいてしまいます。

「もし迷惑でなければ~」「僕(私)でよければ~」といった誘い方は一見、謙虚で丁寧と感じる方もみえるかもしれませんが、受け取った側はあなたの「必死感」を感じ、「会ってみようと思ってたけどお断りしよう」といった具合に気持ちが移り変わってしまうのです。その他にも、「よかったら友達も一緒でもいいよ」と誘った場合も、受け取った側は、「自分に脈なし」と感じ、「恋人候補」から「友達」に降格されてしまいます。「付き合いたい」と思っている相手とは必ず2人であう約束をしてください!

また、決断力のある方は頼もしく、まわりの人から信頼されています。特に女性は男性にリードして欲しいと思う方が多く、頼りがいのある男性に魅力を感じますので、デートのお店選びも相手任せにせず、リサーチすることが大切です。

相手が脈ありか見極める

「誘っても断られるんじゃないか」と心配な方は、今一度、相手とのやりとりを見直してみてください。

会って話していれば、顔色、声色で相手の事を読み取ることができますが、LINEは文面から心情を読み取る必要があります。こんな内容が多ければ相手はあなたに好意を抱いています。

・あなたに対する質問がある

・相手が日常の事柄を報告してくれる

・あなたを気遣った内容がある

・YES、NOで応えられる内容にも、自分の思いなども合わせて返信してくれる

・絵文字やスタンプを使っている

・返信が早い

・あなたのことを褒めてくれる

・あなたの趣味などに興味を示す

逆に、こういった内容を盛り込んだLINEを送ることで相手に自分が好意を抱いていることを自然と伝えることができ、次のデートへ誘いやすくなります。

まとめ

気になる相手をデートに誘うには、文面から相手の気持ちを読み取り、いいタイミングで相手の興味のあるお誘いをすることで、また会えるチャンスがぐっと高まります。

 

難しく考えすぎず、「自分だったらどんな誘いが嬉しいか」を考えて送ってください。もし、誘いを断られてしまっても、ただ断られるだけでなく「次の誘いを提案してくれる」などの相手の好意を見逃さずに2度目のお誘いをしてください。案外、お誘いの日にちが合わなかっただけかもしれませんよ。

 

デートに誘う事で悩み、この記事を読んだ方もみえるかもしれません。

そんなあなたの背中を押すことができれば嬉しいです(^^)♪